大阪で新規適用・年度更新も辻綜合事務所へ


  • 労災保険

たとえ短時間のアルバイトであったとしても労働者を一人でも雇ったら、原則として労災保険の成立届を出さないといけません。また保険関係の成立は、会社ごとではなく事業所(支店)ごとに出す必要があります。

  • 雇用保険

労働者を、週20時間以上、かつ月31日以上継続して雇用する見込みがある場合、雇用保険の対象となりますから、最初にそのような労働者を雇ったら雇用保険事業所設置届を出す必要があります。

  • 健康保険/介護保険/厚生年金保険

1日又は1週間の労働時間がおおむね正社員の4分の3以上であり、かつ、1か月の労働日数がおおむね社員の4分の3以上である場合、社会保険に加入させないといけません。

最初にこのような従業員が発生した時は、年金事務所に新規適用届を出します。

年度更新


年に一度、6月1日から7月10日の間に労働保険の昨年度の確定保険料の精算と今年度の概算保険料支払いのための届出をしないといけません。

算定基礎届


こちらも年に一度、社会保険の標準報酬月額を決めるための届出をしないといけません。


大阪府大阪市中央区 社会保険労務士 辻綜合事務所